実生一年生

e0148806_1148937.jpg


雲の切れ間から薄日が射しています。陽が高くなるほどに蒸してきました。畑に来て、発芽した実生の幼苗がないか、目を凝らして歩いています。

先週、仕事のひょんなことでギックリ腰になり、ブログどころではなかったのですが、どうにか歩けるようになりました。まったく年だよなと、自分を責めるやら慰めるやら。

と・・・あった、ありました。この春芽を出した実生一年生。葉ぶりや色からみますと優等生です。生まれたばかりの赤ちゃんみたいなものですから、大切に育てなければなりません。

これをポットにとって一年養生し、来年の2月頃、たっぷり肥やしの効いた畑に仮植します。実生の一年生は、毎年1500本はあるでしょうか。気の長い話ですが、どうぞ大きくなって僕たちを助けて下さい。 (Yu)

   思ふ事ただ一筋に燕かな  (子規)

 
by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2009-05-23 12:49 | メグスリノキ | Comments(3)  

Commented by sara at 2009-05-28 09:36 x
おはようございます。
今朝方富士グリーンさんにお電話して聞いたところ
女の方が代わって頂いて、丁寧に教えて頂きました。。
おりがとうございました
理容店をしてまして、四年前に新しくお店を建て直し、
大工さんの親方が植えてくれた自慢の木だったのです、
もう大工さんはいないのでその木が親方みたいなもので
木が駄目になったのが悲しくて、、
今年いっぱい駄目だったら富士グリーンさんでも苗木を販売のこと
お世話になるかもしれません、、
またよろしくお願い足します。竹林

Commented by megusurinoki-net at 2009-05-30 18:52
またまた返信が遅れてしまいました。すみません。
親方の分身だったのですね。悲しいかな葉の色が変色し、乾いたようになってしまうと助からないかもしれません。

ただ、カミキリムシに喰われたところから下の樹皮が大丈夫なら、そこから芽が出る可能性はあります。親方の木ですから、なんとか頑張ってほしいのですが。

とにかく秋まで様子を見ましょう。 (Yu)
Commented by megusurinoki-net at 2009-05-30 18:52
またまた返信が遅れてしまいました。すみません。
親方の分身だったのですね。悲しいかな葉の色が変色し、乾いたようになってしまうと助からないかもしれません。

ただ、カミキリムシに喰われたところから下の樹皮が大丈夫なら、そこから芽が出る可能性はあります。親方の木ですから、なんとか頑張ってほしいのですが。

とにかく秋まで様子を見ましょう。 (Yu)

<< 閑話 「巣立ち前」 山独活(ウド)掘り >>