冬なのに

e0148806_2374749.jpg


寒波到来。遠く日光連山は雲に覆われ、窓の外は男体おろしが音を立てて吹き去っていきます。
ハウスの片隅に面白いものを見つけました。ご覧の通り、メグスリノキのポット苗。きれいな紅葉を残したまま緑葉さえ保っています。緑と紅のコントラストに、しばし見とれていました。

これはどうしたことか。屋内なので風を受けず、紅葉が落ちずにいるのは分かります。とはいえ、てっぺんに活きの良さそうな緑葉が乗っているのは、ちょっとした驚きでした。

よくよく考えてみると、このポット苗は先月、イベント用に畑から掘り取ったものです。肥やしの効いた苗畑でしたから、苗木の勢いも良かったのでしょう。きっと一番遅くまで新芽を出し、葉を広げるうちに晩秋になってしまったのです。

この緑くんは今年、果たして一人前に紅葉を見せてくれるのでしょうか。お正月を過ぎたら、撮ってご覧にいれます。(Yu)

   フランスの一輪ざしや冬の薔薇 (子規)


by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2009-12-20 00:10 | メグスリノキ | Comments(0)  

<< 伐採、というか収穫 森の少年 >>