繚乱たり

e0148806_22434295.jpg


芽吹きです。朝日に光る繊毛の中から、今年最初の葉を開こうとしています。
メグスリノキの最も美しく厳かな瞬間、と言っていいかもしれません。

よーし今年も頑張ってみっかぁ。
そんな気持ちにさせられるのも、この芽吹きのおかげでしょうか。

今年は幼老問わず、木々の根元に肥やしを一杯やりました。この辺りで言う「恩肥やし」。木々は手を加えれば正直に返してくれます。

たまたまか、今年はいい芽吹きが撮れました。なんかいいことあるかなぁ。 (ゆ)

 by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2017-04-17 00:05 | メグスリノキ | Comments(2)  

Commented by momuke-kei at 2017-05-07 02:07
そちらで購入した株を盆栽用にとものすごく小さくしまくって植えたにもかかわらず無事に成長し2年目となる今年も無事芽吹き。現在順調に成長中ですが、農薬使ったら一気に葉がボロボロに…
農薬に関しては少し気をつけないといけないかもしれませんね……
まだまだ盆栽としてはまだまだですがそちらの大株のようにじっくりゆっくり時間をかけtえ育てていきたいと思います
Commented by megusurinoki-net at 2017-05-13 22:29
コメント、ありがとうございました。農薬は何をお使いになったのでしょうか。市販の殺虫剤なら大丈夫、枯れることはまずありません。ゴマダラカミキリ対策としては、6-9月に月一度、根元にスミチオン乳液(300-500倍)をかけてやれば安心です。根元におがくずのようなもの(喰いかす、糞)があれば、中に幼虫がいる証拠です。針金でつついて幼虫をやっつけて下さい。もし見つからなければ、つついた穴にスミチオンを注入すれば、たいていはOKです。どうぞ立派なメグスリノキ盆栽が出来上がりますように。

<< 発芽当たり年 あっぱれの木 >>