発芽当たり年

e0148806_2052579.jpg


この春発芽したメグスリノキ1年生です。芽を出してからひと月たっているでしょうか。二枚葉を広げて、元気そうです。

これは播いた種ではありません。おそらく一昨年の晩秋、自然に落ちた種から発芽したもの。辺り一面、かなりの密度で芽を出しています。これほどの数で自然発芽するのは近年記憶にありません。

e0148806_2194671.jpg


発芽したばかりの苗の根は、まるでもやしのよう。20年来のベテラン、お春さんが慎重に掘り上げます。土を付けたまま、そっとポットに移し、その日のうちに苗床に移植してやります。

お春さんは半月も前から、発芽した苗を見つけては傍に目印の枝を立て、掘り上げる段取りを付けていました。午前中に掘り、午後は苗床に移植する。二人で2日がかりの仕事でした。乾燥しないよう、根元に落ち葉(これもメグスリノキ)を伏せてようやく終了。植え終わった苗床を振り返り、「見事だねぇ」とお春さんはつぶやきました。

e0148806_21423225.jpg


実生の苗木が育つ苗床です。1年生から3-4年生の幼木1200本ほどが育っています。周りはネットで囲ってあるので、イノシシにやられることはありません。さて秋までどれくらい大きくなるか、頼みますよ。 (ゆ)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2017-05-13 21:58 | メグスリノキ | Comments(0)  

<< 萌芽の勢い 繚乱たり >>