<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

木の葉踏む

畑を見たい、というので親を連れて林に来ました。
八十を二つ三つ越えましたが、孫やメグスリノキのゆくすえを案じながら、なんとかいたわりあって暮らしています。

日だまりは暖かく、落ち葉を踏む音が心地よく伝わってまいります。

主(あるじ)が来ると山が喜ぶ。それが口ぐせで、年末年始は毎年山に入り、木々の成長を眺めて歩くのが楽しみでした。今は足腰も弱り、病気もして衰えはだれも同じ。

人は年輪を重ねますと、おのずから気配を削いでゆくものなのでしょうか。カメラを向けたとき、二人の姿が林の中に溶けていくような気がしたのです。(Yu)


   ほろほろ酔うて木の葉ふる  (山頭火)


e0148806_20203588.jpg


by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2008-12-28 20:50 | メグスリノキ | Comments(0)  

その後の一年生(2ヶ月後)

好天でしたが、北関東はすこぶる寒い一日でした。日光連山は雲に隠れて、かすかに白い山肌を見せるだけです。

さて、あの一年生はどうしてるかなと畑に降りてみますと、まだ葉も落とさず頑張っていました。縮み上がっていると書いた方が当たっているかもしれません。背が低いぶん、風当たりもそこそこだったのでしょうか、かすれた紅葉を残しています。

今は小さいけれど、親木には君を育てていくのに十分な力があります。来春は空を見上げて、まっしぐらに大きくなって下さい。(Yu)

  日のあたる石にさはればつめたさよ  (子規)

 
 by フジグリーン・メグ
スリノキネット



e0148806_17103461.jpg

[PR]

by megusurinoki-net | 2008-12-23 17:12 | メグスリノキ | Comments(0)  

植え替え(その2)

今年の植え替えが終わりました。
150本ほどを移植し、林地は広々として風通しが良くなりました。来春からは枝が張り、幹も太くなってくれると思います。

移植後の、畑の風景は一変しました。ここには山ウドがいっぱい眠っていますが、来年はきっと木々の根元からも山ウドがにょきにょきと芽を出し、楽しい畑になるかもしれません。

それにしても毎年植え替えをして感じるのは、メグスリノキを掘るたび、かすかに匂う甘い香り。
おそらくこれは、根っこの最先端の、人間の体たとえますと毛細血管の最も細いところから発する活動の証しかと。もやしのような、白い根っこの赤ちゃんの匂いは、ほんのり甘く、とても言葉でお伝えすることはできません。

地上の木々は葉を落とし、休息に入っているように見えますが、根は365日、ずっと働いているのかもしれません。(Yu)


  斧入れて香におどろくや冬木立  (蕪村
e0148806_2311620.jpg


by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2008-12-21 23:28 | メグスリノキ | Comments(0)  

植え替え(その1)

メグスリノキの植え替えです。
紅葉が終わり、北風が吹き始める前が、作業をするにも一番いい時期です。

この畑の木々は樹齢14-5年になりますが、大きくなって枝が張り、林内に陽が射さなくなって二、三年になります。そうなると畑地に草も生えず、雨が降ると徐々に土壌が流され、荒れていきます。

林内は暗く、日差しを得られない枝は枯れていきます。木々は太くなれずに、細く上へ上へと、ひ弱に伸びるばかり。これでは木のためにならないばかりか、枝を取って材料にすることもできなくなります。

というわけで、今年は思い切った植え替えとなりました。列状間伐とばかりに一列おきに全部を掘って移植します。今はユンボ(バックホウ)で掘り上げるので、楽にはなりました。今回は150本を正味四日で移植し、さすがに疲れました。

間が広がって、木々はせいせいしたことでしょう。大仕事を終えて、小生たちもすがすがしい気分です。(Yu)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット



e0148806_21484253.jpg

[PR]

by megusurinoki-net | 2008-12-16 22:42 | メグスリノキ | Comments(0)  

むべ

  吹くからに
  秋の草木のしほるれば
  むべ山風を嵐といふらむ

農園に、むべが育っています。
この季節になりますと、赤い実がたわわに成って空に映えます。
アケビの仲間で、実も食べますが、果肉を天ぷらにするとおいしいと聞きました。

山から吹き下ろす風は、実から水分を奪い、年明けにはしぼんで種を落とします。
種はうっすらゼリー状の膜に包まれ、発芽の時期を待っているのでしょうか。

むべは栃木でも珍しく、イベントに出しますと、みんな「これはなんだ」といつも盛り上がります。
ポット苗は200ほど。ご要望の方はご連絡ください。 (Yu)


e0148806_11433978.jpg

[PR]

by megusurinoki-net | 2008-12-13 13:18 | フジグリーン | Comments(0)  

落葉ロード

お天気に誘われて、畑に来ました。もうすぐ夕暮れ。ひっそりとした林は風もなく、聞こえてくるものといったら落ち葉を踏む音だけです。

木々の間を歩いていますと、時の流れを感じます。気がつかないうちに、一本一本がこんなにも太くなったかと。そっとたたくと、手のひらに心地よい堅さが伝わってまいります。12-3年前、ここに植えた時は、ほんの手首ほどの太さでした。

虫にやられて枯死したものもありました。そのぶんまで、「よく頑張った、これからも頼む」とポンと伝えましたが、心は通じたでしょうか。それにしても、森の中を歩くには今が一番いい季節です。(Yu)

by フジグリーン・メグスリノキネット

e0148806_20046.jpg

[PR]

by megusurinoki-net | 2008-12-01 03:24 | メグスリノキ | Comments(0)