<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

植樹-太陽生命の森

e0148806_13521357.jpg
e0148806_13533325.jpg


栃木県・八方ヶ原はまさしく紅葉のピーク。メグスリノキ8本を積んで、今年も「太陽生命の森」に駆けつけました。

写真上は植樹スナップ。下は一昨年植えた社長さんの木です。カラマツに囲まれながらも元気に育って、ひと安心。紅葉もまずまずです。

今年でもう5年目。今回も社長さんはじめ山形や首都圏の各支社から50人を超える社員の皆さんが参加、間伐、植樹の活動にに汗を流しました。塩那森林管理署からも4人の森林官が間伐作業のフォローにあたり、玉切り、集材、笹刈りを終えて、その夜はおいしいお酒が飲めたことでしょう。

これからも手間暇かけて、いい森をみんなで作ろうというのがコンセプト。メグスリノキも立派に貢献できそうです。(Yu)

  秋雨や蕎麦をゆでたる湯の匂い  (漱石)

 by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2009-10-25 14:59 | メグスリノキ | Comments(0)  

秋立つや・・・

e0148806_1443464.jpg


  さて書くか午後のブログよ秋日和 

台風一過。休耕田に群生するコスモスが道行く人を楽しませています。
コスモスのすぐ向こう、山の手前の緑の帯がメグスリノキの林です。ここに500本ほどあるでしょうか、木々は静かに休息期に入り、半月もたちますと紅葉を始めます。

10年ほど前、このあたりに、群生するコスモスを見ることはありませんでした。一面黄金色の稲穂が風に揺れていたのです。ところが一人、二人と農家の息子たちは街に出て、田んぼは荒れ始めました。コメだけで食べてはいけません。コスモスは、コメ作りを止めたあとの田んぼをつかの間守る窮余の策というわけです。


10年たつと、このあたりの風景はどう変わっているのでしょうか。せめてメグスリノキの紅葉を覚えていて、見に来る人がたくさんいて下さるといいのにな。まぁ、そうなるように頑張りますか。 (Yu)

  肩に来て人懐かしや赤蜻蛉 (漱石)

  by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2009-10-10 15:11 | コラム | Comments(0)  

種蒔き

e0148806_21335398.jpg


メグスリノキの、今年の種蒔きです。
苗床に堆肥を散らし、耕運機でうなってあるのでフカフカの土です。

今年は発芽して枯れずに育った幼木が少なかったので、この秋、種子をたくさん採りました。全部で20キロはあったでしょうか。ずいぶん蒔きました。果たして来春、どれだけ芽を出してくれるのか楽しみです。

メグスリノキの種子は、2年後、3年後に発芽するものもあるといいます。この苗床には去年、おととし、その前蒔いた分も合わせると、ものすごい数の種が眠っているというわけです。

これから半年余り、じっと土の中で冬を越し、水分と元気を貯えて下さい。そして来春、むっくり起き出してくれるのを待っています。 (Yu)

  茨野や夜は美しき虫の音 (蕪村)

 by フジグリーン・メグ
スリノキネット



  
[PR]

by megusurinoki-net | 2009-10-03 22:32 | メグスリノキ | Comments(0)