<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

見晴らし? いいよ

e0148806_21551884.jpg


ちょっと寒いけど、ひなたは心地いいです。このところ景気も懐も寂しくて先が見えず、春風に吹かれてみるかと畑に来ました。

スミレ、カタクリとくれば、次はスイセンです。風に揺れて寒そうだけど、やっぱり春にはこの黄色がなくっちゃな。毎年今頃、必ずここに咲くのですが、この時期はホントに目立ちます。今年も逢ったかご苦労さん、てな感じで、きょうはすごく親しみが湧いたのです。

寝転がって、スイセン目線で撮りました。周りはメグスリノキの幼い苗木がおよそ1,000本。苗木をスイセンが見守ってくれているようで.......。

苗木が芽吹く頃、スイセンの花はありません。(Yu)

  花びらに風薫りては散らんとす (漱石)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット



  

   
[PR]

by megusurinoki-net | 2010-03-27 23:19 | コラム | Comments(0)  

小さきもの

e0148806_1753252.jpg

e0148806_176989.jpg


早春。山々はまだ眠りから覚めずにいます。植え替えの終わった畑はふかふかと、スニーカーさえ埋まってしまうほどの柔らかさ。ふと足元を見ると、小さな花々がありました。スミレ、カタクリを見つけて、思わず這いつくばって撮ったのです。

木々が芽吹く前のわずかなひととき、小さな花々が畑のあちこちを彩ります。いつの間にか花開き、いつの間にかなくなっている。そんな潔さがいいなぁ。図鑑で調べましたら、スミレの方は「タチツボスミレ」というそうです。(Yu)

  菫ほどな小さき人に生れたし (漱石)


by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2010-03-21 18:04 | コラム | Comments(0)  

梲(うだつ)

e0148806_0214149.jpg


一転して春爛満を思わせる陽気。作業場のわきに建つ梲(うだつ)型の看板を撮りました。
「卯建ち」とも書くそうですが、群馬県みなかみ町の木工職人、水上工房の広川義直さんに作っていただいたものです。樹齢100年を超える水上町藤原のヒバ。年輪は見事に細かく、材はことのほか堅い、豪雪地を生き抜いてきたヒバです。

いつの日かメグスリノキもうだつが上がりますようにと、父が広川さんにお願いし建ててもらいました。父はがんと闘病中です。うだつ看板に、なんか父の思いが込められているように思えて.....(Yu)

  夕月や野川をわたる人はたれ (漱石)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2010-03-14 01:32 | コラム | Comments(0)  

寒の戻り

e0148806_22234231.jpg


今日も北関東は冷えました。気温は6℃。真冬に戻ったかのようです。
小さな苗木の注文が入ったので様子を見に畑に来ましたら、白梅が見事に咲き始めています。

この時期、畑の主役はこの梅です。まさに寒梅。寒の戻りで、開き始めた蕾も縮み上がってしまったか。そのぶん何日かは満開の時が延ばされたというわけです。

ふと足元を見ると、まだ三分咲きくらいなのに、真っ白な花びらがまるで小雪が舞ったばかりのように地面を覆っています。白梅の花は、そんなに早く散ってしまうのでしょうか。とすると、梅に満開はないのかも。それともほんのわずかなひと時か。今度よーく見てみよう....なんて考えていたら、すっかり体が冷えちまった。(Yu)

  梅が香をまとめてをくれ窓の風 (子規)

 
by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2010-03-08 23:16 | コラム | Comments(0)