<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

杜仲葉、収穫

e0148806_15222994.jpg


杜仲の葉摘み、乾燥作業が始まりました。猛暑のせいか? 今年の葉は平均して大きく、肉厚で色も濃く育っています。葉に隠れて見えませんが、ハシゴの上で枝を切るのはつーちゃんで、きょうは奥さんも手伝ってくれました。目一杯軽トラに積んで作業場に運び、葉を積んで乾燥機にかけます。

杜仲の葉はなかなかやっかいで、摘んだあと一日も置きますと黒く変色してしまいます。ですからその日のうちに、乾燥機に入れられる分だけ摘むのが原則です。そうすると香りも色も鮮度も、まずは損なわれることなく出荷できるというわけです。ああ、乾燥機がもう一台あればなぁ。

数年前まで、杜仲葉の多くは原産国の中国内陸の農村から、それは安価で仕入れられたといいます。数百トンもの原料を何日もかけて船で輸送するのですから、品物はおそらく真っ黒に変色し、防カビ剤も使用しなければならなかったと思われます。大手のメーカーが、杜仲茶の原料を日本国産に切り替えなければならなかった事情は、そのへんにあったようです。やっぱり、生産地と消費地は近いのが理想ということか。

農園に育つ杜仲は20年前、小さな苗木を父と植えたものです。大波小波はありましたが、それがこうして役に立つようになったことを、入院中の父に話してあげましょう。

杜仲茶の効能は「内臓脂肪減少」。女性にはダイエット。近年はオジサンたちにも大変需要があるそうです。きっといい味に仕上がりますと納入先の社長さんに言いますと、受話器からうれしそうな声がありました。
「来年の分をとっておいて下さいよ」 (Yu)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

 
[PR]

by megusurinoki-net | 2010-08-22 17:24 | フジグリーン | Comments(0)  

枯死

e0148806_13183696.jpg
e0148806_13192231.jpg

お盆のあと、猛暑ぶり返してただいま気温36℃。暑さもあってか、今年は枯れる木が目立ちます。原因はアイツのせいです。早いうちに駆除してやれればと思いつつ、枯れた姿に心が痛みます。ごめんなさい。

ゴマダラカミキリ。これがメグスリノキの天敵でした(写真下)。5-7月、ゴマダラカミキリは必ずやってきて根元に卵を産み付けます。卵は10日から2週間経つと幼虫になり、成虫になるまでの2年間、ずっと樹皮や木質部を食い荒らします。おが屑のような糞や食いカスが根元に出るので、それが虫がいる証拠です。

針金で食いカスを探り、穴を見つけてこじ開けます。虫がまだ小さければ、すぐ近くでやっつけられるのですが、半年もたってしまうともういけません。根っ子の方に行ってしまうか、曲がりくねって木質部に隠れてしまいます。それでも工夫して、穴の曲がり具合に教わって針金を曲げ、たどって行ってグチュッとやっつけた時の達成感は、なんか子どもの傷に消毒スプレーを吹きかけ傷ガードを貼ってやった時のようです。

それにしても苗木の本数に手が回らず、年に30-50本がアイツの犠牲になります。メグスリよりもっとうまい餌を用意して、アイツと友だちになれればいいのかな。(Yu)

  動く葉もなくておそろし夏木立 (蕪村) 
by フジグリーン・メグ
スリノキネット


 
[PR]

by megusurinoki-net | 2010-08-16 14:19 | メグスリノキ | Comments(0)  

「道の日」

e0148806_9562971.jpg


日光ー宇都宮を結ぶ有料道路、日光口PAのイベントに参加しました。各地の高速サービスエリアでは毎年8月の第一土曜を「道の日」とし、地元の特産品、お土産を並べたイベントで帰省の家族や観光客を迎えます。

よしずのテントでお茶の試飲販売をするのですが、この日も猛暑日。アスファルトからの照り返しもあって午前中から気温はうなぎ上り。いやいや参りました。それでも熱々のかき揚げそばをフーフーしながらたいらげてゆくお客さんを見ていると、こちらが元気をもらいます。

写真は「日光民舞友の会」による越中おわら風の盆。この暑さに、この踊り。なんだかみんなすごいなぁ。売り上げはイマイチだったけど、一足早い「風の盆」から涼しい風を戴きました。(Yu)
 

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2010-08-08 10:42 | イベント | Comments(0)  

えらいなぁ

e0148806_1326010.jpg

e0148806_13265485.jpg


朝飯前、暑くならないうちにと、苗床の草取りに来ました。
ここは昨秋種を蒔いた畑で、実生の幼い苗木が200本ほど育っています。来てみるとヤレヤレ、一面ヒルガオが伸びてメグスリノキ1年生に絡みついていました。この前やっつけたばかりなのに......。

草取りというのは不思議なもので、始めるときれいになるまでやってしまいます。大汗をかいて、スポーツドリンクはあっという間になくなりました。3時間かけてようやく一段落、苗木もさっぱりしたことでしょう。気がつけば作業服はぐっしょり。背中を照りつけられて、さあ退散。

と、足元に元気な一本を見つけました。一丁前に枝を張って、なお芽吹きの真っ最中。新芽が健気で思わず撮ってお見せしたというところです。夏休みもお盆休みもないのにえらいなぁ。(Yu)

   学校の昼静かなり百日紅(子規)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2010-08-01 14:22 | メグスリノキ | Comments(0)