<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

稲穂囲む赤

e0148806_14581512.jpg


お天気に誘われて、稲刈り前の田んぼに来ました。乾いた風が心地よさそうに稲穂を撫でています。黄金色に染まる田園を撮っておこうと田んぼに下りますと、彼岸花がぐるりと咲き誇っていました。

曼珠沙華。梵語では天上に咲くという花。

お彼岸近くなると必ず咲き始めるのが不思議ですが、猛暑が続いた今年は開花が少々遅れたようです。膨らみかけた蕾がいっぱいあって明後日あたりが満開か。この黄金色の田んぼを赤々と包む花々に、毎年いろんなことを思うのです。

豊作を祝う赤。みのりをまっとうし終えた稲をねぎらう赤。今年の彼岸花は、闘病中の父を励ましてくれるでしょうか。(Yu)

  

  by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2010-09-26 16:16 | コラム | Comments(0)  

気の長い話

e0148806_21181312.jpg

e0148806_2119774.jpg


メグスリノキの種採りです。今年は夏の暑さが異常だったせいか、種が熟すのが早いような気がします。あまりの暑さに、木々も疲れてしまったのかもしれません。もう休みたいよ、と。

数は例年並みです。半日も摘めば野菜ネットに一杯になりました(下写真)。毎年、このネットで4-5袋は採るでしょうか。しばらく水に漬けておいて、苗床を整え、早目に蒔くのです。

こんな作業を、もう13-4年続けています。発芽した幼い苗木のその後は、いろいろです。か細すぎて枯れてしまったり、根付いてようやく育ち始めたと思ったらモグラに掘り起こされたり野ウサギにかじられてしまったり。天敵のあいつの餌食になったり.....。一人前に大きくなって、請われて熊本や島根、群馬の山に植栽された連中もいました。その後どうしているのやら。

幼い苗木が人様のお役に立つようになるのに、10年はかかるでしょうか。なんとも気の長い話です。こんな仕事で食べていくのは大変ですが、続けてきて良かったなと思える日が来るように、なんとか頑張ってみるか。(Yu)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

  
[PR]

by megusurinoki-net | 2010-09-20 22:31 | メグスリノキ | Comments(0)  

炎暑にめげず

e0148806_2157977.jpg


今週から、メグスリノキの伐採を始めました。11月まで寝かせ、4-5トン納めることになったのです。根元から切り、2mほどに玉切りしていきます。太い幹の部位は納入し、細い枝葉は小社で健康茶の原料に加工します。

日中、畑はまるで炎暑です。9月に入ったというのに、熊谷でまた37℃を超えました。いったいどうなっているんでしょう。切っては休み、休んではまた切ります。どうどうと汗が流れ、ふと下の畑を見ると陽炎が揺れています。

切っているのは、つーちゃん。御歳70ン歳、仕事で鍛えた心身には頭が下がるばかりです。この辺りは毎年マムシが出て、草刈り機で刈ってしまったり、捕まえたり噛まれて病院に行ったりと、お茶休みの話題に事欠きません。

でも今年ばかりは、暑過ぎるのと、つーちゃんのチェーンソーの音にやられてか、あまりマムシの話を聞きません。それとも夜間、イノシシに喰われちまったか? (Yu)

  蛇のから滝を見ずして返りけり(子規)


by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2010-09-04 23:09 | メグスリノキ | Comments(0)