<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

幸運

e0148806_16225648.jpg


樹齢20年のメグスリノキ。ぽつんと穴が空いています。これはなんでしょうか。
ゴマダラカミキリ。穴は、あいつの成人式の旅立ちの跡です。

あいつは梅雨が開ける頃、どういうわけか林地に飛んできて、メグスリノキの根元に卵を産み付けるんです。卵は2週間で孵化し幼虫になり、成虫になるまでの2-3年、ずっと根元を喰い荒し,大人になって飛び出します。

幼虫がすべて大人になれるのか分かりませんが、餌を求めて根っ子の方に進むやつと幹の中に進むやつ。いろいろですが、最悪はぐるりと樹皮の周りを喰うやつです。こいつにやられますと、手塩にかけた木はもうだめです。

写真の穴は、あいつの成虫が飛び出した跡。直径1㎝、根元から30㎝。幸運でした。穴の周りはもう再生され始めています。あと2年もすれば、この穴は塞がれ、何もなかったような紋様になるのでしょうか。眺めていると、なんか口笛でも聞こえてきそうです。(Yu)

 

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2011-01-22 18:02 | メグスリノキ | Comments(0)  

初雪

e0148806_1575867.jpg

e0148806_1510659.jpg


農園に、今年初めて雪が降りました。落ち葉に埋まった小道も、うっすら柔らかな雪化粧です。空は晴れて真っ青。冷たい空気を胸一杯吸いますと、体が軽くなりました。

小雪に包まれ眠っているような木々ですが、もう春に備えています。芽鱗は膨らみ、小枝を切りますと翌日はそこから涙が一筋流れています。根っ子から、もう水を吸い上げているんですね。

ここはこの冬、思い切って一列おきに切りました。推定10トン。春からは林内に明るい陽が差し、残った木々は2-3年もすれば枝を広げて太くなってくれるかなぁ。

帰り道、小雪をたたえた赤い実が目に止まりました。こんなのを、いつか撮ってやろうと思っていたんです。(Yu)

 南天をこぼさぬ霜の静かさよ (子規)


by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2011-01-16 16:51 | コラム | Comments(0)  

冬眠

e0148806_1617456.jpg

e0148806_16173916.jpg


冬晴れの木立の中を歩くのが好きです。葉を落とした木々はこの前来た時より芽の先が白く膨らんだみたいです。

ふと見ると、メグスリノキの枝先にカマキリの巣を見つけました。母親カマキリがどうやって、この堅く保温に優れた卵鞘をつくるのか、見てみたいけどそれは謎か。枝をチップにする時、引っ張って取ろうとするけど、これはホントに堅いんだ。

年明けの一番寒い頃、確かめてみるのはスズメバチの巣(下写真)。そっと撮りました。おそらくこの下で女王蜂がたった一人、冬眠中のはずです。おととし春恵さんが刺されて三日仕事を休みました。この次刺されたら命にかかわりますよ、と言われたそうです。スコップで掘り起こして、燃やしてしまうか。また刺されたらヤバいから。(Yu)

  清貧の家に客あり蘭の花 (子規)

 by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2011-01-10 18:47 | Comments(0)  

空はいいなぁ

e0148806_12242996.jpg
e0148806_11111892.jpg


今朝、というか夜が白み始めて窓を開けると、下弦の月のすぐ上にたった一つ、輝く星がありました。なんという絵柄でしょう。今年はいい事あるかなぁと、しばし眺めていたのです。こんな画像じゃ、伝わらないか。

年始参りにと、林に来ました。ここに来るとホッとします。シジュウカラのさえずりと落ち葉を踏む音しか聞こえてきません。一番太いメグスリの根元に寝転がって撮りました。木に寄りかかっていると、なんだか安心します。本年もどうぞよろしく。(Yu)

名月や仏のやうに膝をくみ (一茶)



 by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2011-01-01 12:29 | コラム | Comments(0)