<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

早春の儚い花

e0148806_13294315.jpg


一人暮らしの母の家の庭先に、小さな花を見つけました。ひっそりと、落ち葉の陰に白い花を咲かせています。気付かなければ踏んでしまうところでした。

セツブンソウです。節分の頃に咲き始めることから、その名がついたそうな。いつからここに咲き始めたのでしょう。希少な種でマニアも多く、群生地も減り続けているといいます。

日蔭の傾斜地に短い間だけ、そっと咲くセツブンソウ。早春に花を咲かせ、あっという間に休眠に入るので、カタクリと同じ「スプリング・エフェメラル(春の儚い命)」のひとつと言われます。

なんと、花言葉は「拒絶」「人間嫌い」。人間だけが大騒ぎしたり、乱獲したりで、こんな花言葉になってしまったのか。こんなアップで撮っちゃって、ごめんなさい。 (Yu)

  ゆく春や白き花見ゆ垣のひま (蕪村)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2012-02-26 14:30 | コラム | Comments(0)