<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

痛い教訓

e0148806_15545281.jpg


やってしまった。一昨日の夕方だった。
ここの伐採がもうすぐ終わる、そんな矢先のことだった。
枝を払っていたナタで、親指の先を落としちまった。

その瞬間は、何が何だか分からなかった。軍手の切り口から、つめの先が飛んだあとの指が見えて....指先だけがやけに冷たかった。

つーちゃんがそばにいたので助かった。指の根元を縛ってもらい、タオルをかぶせ押さえたまま軽トラで病院に直行....

「縫うと短くなっちゃうからね。このまま包んでおきましょう。なあに、ひと月もすればくっついてくるよ。まあ見事に切ったもんだ」
その晩、麻酔が切れたあとの痛みと言ったら....

痛みと後悔の日々が過ぎて、少し落ち着いた。
怪我は、我れが怪(あやし)いと書く。そんな瞬間だったのか。ナタを使うときは用心していたのに。
魔が差したのか、ナタは重く、疲れてもいた。が、自分で自分の指を落としてしまったことに変わりはない。

一つ、仕事は終わり際が危ない
一つ、山仕事は一人でやるな
一つ、疲れたら休め
そんな当たり前のことを改めて思い知らされた、まったくお粗末な出来事でした。

    女房に洗髪されて気恥ずかし
    後悔も流してしまえシャンプーよ  (ゆ)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2016-03-27 16:28 | コラム | Comments(0)