<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

あめ薬師縁日

e0148806_913827.jpg

e0148806_921646.jpg


埼玉県秩父市に来ました。日本百観音秩父札所十三番・慈眼寺。古来、目の守り本尊として有名で「め」と書かれた絵馬が奉納されています。本堂脇には樹齢40年を超えるメグスリノキが、お参りする人々を迎えるように枝を伸ばしています。

7月8日は年に一度の「あめ薬師縁日」。無病息災を願う大勢の市民が境内を訪れました。目の健康に御利益があるという薬師如来を産詣する縁日で、明治末期から伝わるといいます。夕方になると、本堂前には老若男女の長い列。お賽銭を入れたり「め」の絵馬を掲げたりして、静かに両手を合わせます。

e0148806_9173538.jpg


この日はメグスリノキエキスが入った「ぶっかき飴」が、凄い勢いで売れていきます。少しでも目が良くなるように、ということでしょうか。そうです、なにせ伝説の薬木・目薬の木のエキス入りですから。

目の守り本尊とメグスリノキのぶっかき飴。この「あめ薬師縁日」が地域の人々に支えられ、ずずずーっと盛り上がっていきますように。 (ゆ)

 by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

by megusurinoki-net | 2016-07-11 09:27 | メグスリノキ | Comments(0)