痛い教訓

e0148806_15545281.jpg


やってしまった。一昨日の夕方だった。
ここの伐採がもうすぐ終わる、そんな矢先のことだった。
枝を払っていたナタで、親指の先を落としちまった。

その瞬間は、何が何だか分からなかった。軍手の切り口から、つめの先が飛んだあとの指が見えて....指先だけがやけに冷たかった。

つーちゃんがそばにいたので助かった。指の根元を縛ってもらい、タオルをかぶせ押さえたまま軽トラで病院に直行....

「縫うと短くなっちゃうからね。このまま包んでおきましょう。なあに、ひと月もすればくっついてくるよ。まあ見事に切ったもんだ」
その晩、麻酔が切れたあとの痛みと言ったら....

痛みと後悔の日々が過ぎて、少し落ち着いた。
怪我は、我れが怪(あやし)いと書く。そんな瞬間だったのか。ナタを使うときは用心していたのに。
魔が差したのか、ナタは重く、疲れてもいた。が、自分で自分の指を落としてしまったことに変わりはない。

一つ、仕事は終わり際が危ない
一つ、山仕事は一人でやるな
一つ、疲れたら休め
そんな当たり前のことを改めて思い知らされた、まったくお粗末な出来事でした。

    女房に洗髪されて気恥ずかし
    後悔も流してしまえシャンプーよ  (ゆ)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

# by megusurinoki-net | 2016-03-27 16:28 | コラム | Comments(0)  

いとしき色

e0148806_1456555.jpg


静かな昼下がりです。メグスリノキの根元にこんなのを見つけました。カシの幼木です。いつのまに発芽したのか、この時期には珍しい鮮やかな黄色に魅かれて、這いつくばって撮りました。カシって常緑樹だけど、ちっちゃいうちはこんな色にもなるんだな。

若い頃から黄色が好きでした。「幸せの黄色いハンカチ」、マストロヤンニの「ひまわり」...。1986年フィリピンのマルコス大統領を亡命に追いやったピープルズパワーの人々は、大人も子どもも、兄ちゃんも姉ちゃんも、みんな黄色いTシャツを着て輝く笑顔をしてたっけ。

この黄色いカシは、春には新芽が開いて新緑と入れ替わるのでしょうか。はたまたこのまま落葉するまで、こんな色でいてくれるのでしょうか。おうよ、しばらくはこのまま様子をみることにいたしァしょう。 (ゆ)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

# by megusurinoki-net | 2016-02-21 15:20 | メグスリノキ | Comments(0)  

仕事始め

e0148806_13535046.jpg


年明けは伐採作業で始まりました。樹齢20年近いメグスリノキを20本、およそ2トンを収穫の予定です。つーちゃんが切って、小生が玉切り、枝を払います。

木々の間隔が狭いところ、日当たりがイマイチで枝も帳れそうにない木、虫にやられて枯れそうな木....いわば間伐を兼ねて切っていきます。残された木々が陽光をいっぱい浴びて大きくなれるように。

勢いのよくない木でも、この時期になると水分を吸い上げるようで、枝や切り株から水が滴り落ちています。これも暖冬のせいでしょうか。

e0148806_1445493.jpg


この日は無風で暖かく、体を動かしていると汗をかくほどでした。切った丸太を集めていると、バッタが一匹、陽だまりに休んでいます(上写真)。えっ、この正月明けにバッタかよと目を疑いましたが、何度見てもバッタです。

やっぱり、この頃陽気は変だぞ。 (ゆ)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

# by megusurinoki-net | 2016-01-10 14:11 | メグスリノキ | Comments(0)  

おもさげながんす

e0148806_15521336.jpg


朝早く、メグスリノキの林に来ました。暖冬のせいか、落ち葉に霜が降りていません。いつもならこの時期、日蔭は真っ白で、手もかじかむほどです。

原木を2トンほど出荷しなければならなくなったので、伐採する木を選定に来ました。間隔が狭くて窮屈そうな木、虫にやられて困っている木、陽が当たらずいじけている木....そんな木々の幹にテープを巻いて印をつける、いわゆる間伐。この辺りではそれを「おろぬく」と言います。

ここに若木を植えて20年。同じ環境、同じ肥料でも、大きく成長する木もあればそうでないのもあります。そうでない木々に印をつけて、年明け早々に伐採の予定です。

おもさげながんす、お許しえって下んせ。浅田次郎が綴る南部盛岡藩言葉に魅かれて、おろぬく木々に言いました。
e0148806_16153576.jpg


この木は切らずにおこうと思いました。素状よく、肌よく、凛として天を向いています。強い木なのでしょう。みんなの分まで大きくなっておくれ。 (ゆ)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

# by megusurinoki-net | 2015-12-26 16:23 | メグスリノキ | Comments(0)  

憎しみは君にあげない

e0148806_17543652.jpg


いかにも雨が落ちてきそうな曇り空。メグスリノキの林は静けさに包まれています。

パリの同時テロで妻を亡くしたアントワーヌ・レリスさんのメッセージを読んで何度も涙しました。

「妻はこれからも、いつも私のそばにいて、私たちは、君たちが決して近づくことができない自由な魂の天国で一緒になる。私は息子と二人になった。だが私たちは世界の全ての軍隊よりも強い」

「まだ1歳と5カ月になったばかりの彼は、いつもと同じようにおやつを食べ、私たちはいつもと同じように遊ぶ。この子の生涯が幸せで自由であることが、君たちを辱めるだろう」

怒りで憎しみに応えるのは、君たちと同じ無知に屈することになる.....

本当にその通りだ。テロリストには空爆の代わりに、このメッセージを降らせるがいい。
優しいお母さんに抱かれて眠ることはできなくなってしまったけれど、メルビル君親子に一日も早い平穏あれ。 (ゆ)

by フジグリーン・メグ
スリノキネット

[PR]

# by megusurinoki-net | 2015-11-22 18:22 | メグスリノキ | Comments(0)