e0148806_15175775.jpg

なんとまあ威勢のいい葉っぱ。こっちに向かって飛び出してきそうな勢いです。これから梅雨が終わる2カ月間は、木々が最も成長する時期かもしれません。

この木を植えたのは確か7-8年前。1mちょっとの幼木だったのが、もう3mを超えて幹もずいぶん太くなりました。樹齢はせいぜい12-13年。人に例えると入学式を終えたばかりの中学1年生といったところか。これからの6-7年が一番背の伸びる年頃です。

人はたいてい二十歳を過ぎると身長は伸びないけれど、木々は100年たっても成長を続けます。屋久島の縄文杉なんて推定樹齢4,000年、今も何らかの成長を続けているのでしょうか。それを思うと、木を育てています、なんて言うのが恥ずかしくなります。

でも、この葉っぱは僕たちが育てたものです。早春、発芽しているのを見つけては草にやられないうちにそっと移植し、苗場で2-3年養生します。肥しをたっぷりあげて、腰の高さほどに大きくなってからここに植えました。

メグスリノキの樹勢は葉を見れば分かります。元気いいのは緑濃く、大きく水平に広がり、先端はオレンジ色の幼い新芽が開いてつんつん空に向かって伸びている....そんなのを見ていると、木って正直だなあと思います。

「困ったときは助けてくれよ」と声をかければ、
「あいよ」と答えてくれそうな気がします。 (ゆ)

by <a href="http://www.megusurinoki.net/" target="_blank">フジグリーン・メグ
スリノキネット</a>

e0148806_15395201.jpg


[PR]

by megusurinoki-net | 2018-05-31 15:41 | メグスリノキ | Comments(0)  

控えめな花だけど >>