落葉

紅葉が終わり、寒気の到来とともに木々はすっかり葉を落としました。地表を落ち葉が埋めて、紅葉のなごりが漂います。

落葉のあとの静けさにもなかなかの風情があります。耳を澄ましていますと、ツツピー、ツツピーとシジュウカラのさえずり。つがいらしき2羽が枝から枝へと遊んでいました。落ち葉を踏む心地よさ。ここはスニーカーより、やっぱり地下足袋でなければいけないか。

12月の半ばを過ぎる頃、この落ち葉を熊手でさらい集めて堆肥にします。毎年1トン近くは集めますので、かなりの重労働。この作業が終われば正月が来る、というわけです。

 三尺の庭に上野の落葉かな (子規)

by フジグリーン・メグスリノキネット

e0148806_2149919.jpg

# by megusurinoki-net | 2008-11-24 22:40 | メグスリノキ | Comments(0)  

落葉

紅葉が終わり、寒気の到来とともに木々はすっかり葉を落としました。地表を落ち葉が埋めて、紅葉のなごりが漂います。

落葉のあとの静けさにもなかなかの風情があります。耳を澄ましていますと、ツツピー、ツツピーとシジュウカラのさえずり。つがいらしき2羽が枝から枝へと遊んでいました。落ち葉を踏む心地よさ。ここはスニーカーより、やっぱり地下足袋でなければいけないか。

12月の半ばを過ぎる頃、この落ち葉を熊手でさらい集めて堆肥にします。毎年1トン近くは集めますので、かなりの重労働。この作業が終われば正月が来る、というわけです。

 三尺の庭に上野の落葉かな (子規)

by フジグリーン・メグスリノキネット

e0148806_2149919.jpg

# by megusurinoki-net | 2008-11-24 22:26 | メグスリノキ | Comments(0)  

萌芽

久しぶりの休日です。見上げれば吸い込まれそうな青空。降り注ぐ陽光が、畑に木々の濃い影を映しています。

今日のスナップは、萌芽。去年の暮れに切ったメグスリノキの株から、この春芽生えた新芽がなんと1mほどに伸びていました。親木に力があるのでしょうか、萌芽の勢いに驚かされます。

萌芽とは、草木の芽のもえ出ること、新しい物事の起こり、と広辞苑にはあります。なるほど一年前の、切る前の姿とは全く別物。まさしく新しい物事の起こりでありました。

このあたりではつい十数年前、クヌギ、コナラを切って、薪や炭に使っていました。雑木の山でしたから、翌春には切り株から萌芽し、どんどん伸びて太く大きくなっていきます。今年はここを、来年はその向こうという具合に、あんばいをみながら切り出したといいます。

メグスリノキもそれは同じで、腰の高さで切って原料に出しますと、切り口から次の春新芽がいくつも芽を出し、秋口まで成長を続けます。萌芽の勢いをまのあたりにし、頭が下がる思いです。(Yu)

 枯鶏頭此頃空気乾燥す (子規)


e0148806_20592976.jpg

# by megusurinoki-net | 2008-11-23 21:48 | メグスリノキ | Comments(0)  

紅葉(その2)

農園の紅葉は今がピークです。
でも明日木枯らしが吹くと、こんな風情は今日限りかもしれません。

落葉樹の紅葉は、葉に含まれる成分が季節とともに微妙な変化を通して生まれる自然の美といわれます。メグスリノキの桃赤色は、今日のような晴天の空に映すと本当にきれいだなと思います。

 赤蜻蛉筑波に雲はなかりけり

と歌う子規が眺めた空は、こんな空だったのでしょうか。(Yu)

by フジグリーン・メグスリノキネット

e0148806_21472418.jpg

# by megusurinoki-net | 2008-11-19 22:04 | メグスリノキ | Comments(0)  

紅葉(その1)

農園のメグスリノキもようやく紅葉の盛りに入りました。
早春の芽吹きからずっと光合成に励んできた木々が、これから静かな休息のときを迎えます。
畑に入りますと、真っ赤に色づいたのや、朱色、桃赤、まだ緑を残して頑張っているのと、いろいろです。人間と一緒で、色づく木々にもいろんなのがいていいんだなと実感。

日当たりの良いところほど、紅葉は鮮やかです。真っ青な空に映える桃赤色を眺めていますと、空いた口がふさがりません。空の青と紅葉は一緒になって美しい、と50を過ぎて分かりました。
明日から寒くなります。気をつけて。(Yu)

 寒月や枯れ木の上の一つ星 (子規)

e0148806_22223373.jpg

# by megusurinoki-net | 2008-11-18 22:26 | メグスリノキ | Comments(0)